ワンラヴライフでは、アフィリエイトプログラムにより商品を紹介しています。

ワンラヴライフでは、商品・サービスの提供を受けることや、アフィリエイト広告を利用した商品紹介をしています。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

犬が食べて死ぬものを集めてみました!日常に潜む危険なことを解説!

犬が食べて死ぬ食材や口に入れると危険な物をまとめています。

犬が食べて死ぬもの

犬が食べると中毒を起こすものがあります。それらの食べ物を摂取して、犬がその場で即死することは極めて低いものの、重症化して数日後に死亡するケースは実際に起きています。

愛犬にそんな悲しいことが起こってしまわないよう、犬に絶対に与えてはならない食材を知っておきましょう。どれも犬が摂取すると死に至る恐れのある食材なので、十分に気をつけてください。

犬が食べてはいけない物

アルコール中毒の症状を示している犬は、回復するまで獣医師に監視してもらう必要があります。臓器系の機能不全を起こし、死に至ることさえあるからです。

犬が食べてはいけない果物

下痢・嘔吐や死ぬこともあるのでかなり注意を要します。 中毒物質であるテオブロミンとは、カカオの香り成分の1つ。カカオ含有量の高いビターチョコ

犬にあげていいもの

食べさせていいもの — 私たち人間が普段から食べている食べ物でも、犬にとっては命に関わるものがあります。

犬が食べてはいけないものを食べてしまったら

死亡率が低いものでも病気の発見時には症状が重くなっていることが多く、治療に時間がかかることも … お肉の味のするジャーキータイプで、そのまま食べてくれます。

犬が食べてはいけない植物

愛犬がボタンを飲み込んでしまった!おもちゃのパーツやゴムを食べてしまったかも?犬が口にしやすいものやその危険性、対処法を紹介します。

犬が食べていい果物

ドッグフードではなく「食品」としてごはんを提供しているため、人も犬も一緒に食べられるごはんとなっている。 愛犬に手作りごはんをあげる。

犬 誤飲 症状が出るまでの時間

愛犬が有毒なものを食べた兆候を見つける

これらの反応や犬の行動には、症状が出るまでに6~12時間かかる場合があるので覚えておきましょう。 日を追うごとに病気の兆候が出ていないかどうか、愛犬の様子を観察することが大切です。 症状がまだ出ていなくても、愛犬の安全を確保するための方法があります。

犬が食べてはいけない野菜

与えるとNGな野菜 たまねぎ、ニラ、ニンニク、ねぎは死に至る場合もあります。 その他、ナスビ、たけのこ、ごぼう、ゴーヤ等は健康阻害物質を 含んでいますので与えない方が良いです。 その他中毒を起こした前例が報告されているものとしてたらの芽、アボガドがあります。

プロフィール
ワンラヴライフ管理人

犬とと20年以上暮らしてきた経験を活かし「幸せに愛犬と一緒に暮らす」ための情報や知識を発信しています。
過去の経験から、皮膚トラブル(涙やけ・よだれやけ)や口臭対策・老犬のお世話についての知識が豊富。
現在は後ろ足が麻痺したフレンチブルドックがパートナーです。

お役立ち情報
ワンラヴライフ

コメント