ワンラヴライフでは、アフィリエイトプログラムにより商品を紹介しています。

ワンラヴライフでは、商品・サービスの提供を受けることや、アフィリエイト広告を利用した商品紹介をしています。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

【歯磨きガムの危険性】グリニーズで下痢になるのか調べてみた!

歯周病の予防・口臭予防にはブラッシングで歯磨きするのが効果的だと分かってはいるけど、歯ブラシを使っての歯磨きはハードル高い!

歯ブラシを嫌がる子だと、歯磨きガムを使うのが簡単で楽!ってなってしまいます。

歯磨きガムのなかでも、口コミも良く歯磨き効果も高い「グリニーズ」は人気のガム。

そんなグリニーズですが、与え方を間違ったりすると消化不良や下痢、誤飲事故などトラブルになってしまうことも!

グリニーズプラスを食べて下痢、軟便になったりするのか調べたことをお伝えしていきます。

グリニーズプラス歯磨きガムの口コミを調べてみた

調べてみたのは、amazonのレビュー。

購入者100件以上のレビューの中から抜き出したのが以下のレビューです。

4歳のブラック&クリームのチワワの雌ですが、本製品については一旦胃に入ってから戻してしまい、3回連続で戻したため廃棄しました。 以前は、そのようなことはなかったと思うのですが、原料が変更になったのでしょうか。 今後は与えられません。 残念です。

引用:amazonカスタマーレビュー

良い商品だとおもいますがうちの犬には合わないようです。与えた日すべてうんちが緩くなってしまいました。今は与えるのをやめています。

引用:amazonカスタマーレビュー

グリニーズを食べて「下痢や軟便になってしまった」という口コミだけをピックアップしてみました。

ですが、グリニーズの口コミは高評価が多く、歯磨きガムの中でも人気の商品。

ご覧になりたい方は公式サイトをご覧ください。

グリニーズ公式サイト→http://greenies.jp/reason/faq.html

とはいっても、ごくわずかですが下痢や軟便になったワンコもいます。

あなたのワンコが体調不良にならないためにも、歯磨きガムを食べさせる時の注意点をまとめてみましたので参考にしてみてください。

歯磨きガムの与え方と事故を防ぐ方法

グリニーズに限らず歯磨きガムを与える時には以下の事に注意して食べさせてください。

歯磨きガムは犬の体格、年齢に合ったものを選ぶ

「小型犬用」「大型犬用」などパッケージの裏に書いてある注意書きを確認して選びましょう。

飼い主が手に持って食べさせ。

歯磨きガムは、時間をかけて食べさせることで歯磨き効果を高めます。

ですので、がっついて早く食べるようであれば、飼い主が手に持って食べさせるようにします。

手に持って食べさせることで、早食い防止、丸呑み防止にになります。

固すぎるガムは選ばない

歯磨きガムはある程度の柔軟性が必要です。

固すぎると歯に密着せず歯垢を落とし切れない、歯が欠けてしまうこともあり、歯磨きには不向き。

噛むたびに歯の表面が擦れる繊維状のガムが効果的です。

犬の歯磨きガムを食べさせるのはいつから

グリニーズでは対象年齢は生後6ヶ月以上となっています。

ですが、子犬の時期は消化器官がまだ未熟なため、消化不良になることもあります。

ワンコの様子を見ながら食べさせましょう。

歯磨きガムで犬にとって危険なこと

歯磨きガムを食べさせて起こるトラブルで一番怖いのは「窒息」

窒息してしまう原因は、ワンコのサイズに合わない大きなガムを丸呑みしてしまうこと。

また、歯磨きガムを丸呑みしてしまうと、消化器官で通過障害を起こす可能性もあります。

その場合、腸閉塞や長期間にわたる下痢などの症状が出て手術が必要になる場合もあります。

歯磨きガムの丸呑みを防ぐには、飼い主が手に持ってガムを食べさるようにしてみてください。

犬が歯磨きガムで嘔吐したとき

歯磨きを飲み込んで吐き出そうとすることがあります。

そんな時には、喉に突っかからないか観察しましょう。

うまく吐き出せないと窒息する可能性もあります。

犬の様子を見ながら適切な処置をしましょう。>>飲み込んだ時の対処方法

頻繁に嘔吐する場合には、早めに動物病院で診察を受けてください。

歯磨きガムの丸呑みが原因で消化不良を起こしている可能性があります。

犬が歯磨きガムで下痢したとき

歯磨きガムをを食べて下痢になる原因は、消化不良かアレルギー。

下痢の時は絶食、動物病院で診てもらう等、適切な処置をしましょう。

歯磨きガムのトラブルは、うちに子が通っている動物病院でも多く、獣医師さんから注意喚起されています。

歯磨きガムのトラブルを防ぐには、歯ブラシで歯磨きや歯磨きジェルを使ったデンタルケアがおすすめです。

ガム以外のデンタルケアを試してみたい方は、こちらも参考にしてみて下さい。

老犬や歯磨き嫌いのワンコにおすすめのデンタルケア

歯ブラシが嫌いで、歯磨きガム以外のデンタルケアでおすすめは「歯磨きジェル」

今まで歯磨きガムばかりで、他の歯磨きをしてこなかったワンコでも、簡単ですぐに実践できます。

歯磨きジェルは舐めるだけでデンタルケアができるので、歯ブラシを使った歯磨きの練習にも使えます。

使用している飼い主さんも多く口コミも良い感じでした。

こちらで確認できますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

→歯磨きジェルを詳しく見てみる

まとめ

食いつきが良く、歯ブラシ効果もあるグリニーズですが、老犬になると体力も落ちて、消化不良や下痢などトラブルになってしまうこともあります。

今まで歯磨きガムばかりで、他の歯磨きをしてこなかったワンコには、簡単ですぐに実践できる歯磨きジェルがおすすめ。

こちらの歯磨きジェルは歯石予防、口臭予防、歯周病予防をサポートします。

詳しくは公式サイトで確認できますのでチェックしてみてください。

→歯磨きジェルの詳細を見てみる

メーカー公式サイトにジャンプします。

プロフィール
ワンラヴライフ管理人

犬とと20年以上暮らしてきた経験を活かし「幸せに愛犬と一緒に暮らす」ための情報や知識を発信しています。
過去の経験から、皮膚トラブル(涙やけ・よだれやけ)や口臭対策・老犬のお世話についての知識が豊富。
現在は後ろ足が麻痺したフレンチブルドックがパートナーです。

歯磨き・口腔ケア
ワンラヴライフ

コメント