ゼオライトの歯磨きが犬にもたらす3つの危険!安心できる歯磨きを紹介!

ゼオライトの歯磨き商品を見て

  • 犬の歯石がポロッと取れる!
  • 麻酔なしでも歯石除去できる!
  • 犬の歯が真っ白になった!

「使ってみたら、簡単に歯石が取れるかも?」

って思ったのですが、調べてみるとゼオライトを犬に使用するのは良くない!という意見もあるので調べてみました。

犬の歯石取りや歯磨きについて調べている方は参考にしてみてください。

ゼオライト配合の犬用歯磨きは本当に危険なの?

ゼオライトを配合した、犬の歯磨きに使える商品として売られているのが

  • 歯磨き粉
  • 歯石対策商品(アルカリイオン水など)

どちらもワンコに使うのには危険と感じる点がありました。詳しく解説していきます。

ゼオライト配合の歯磨き粉の危険性

ゼオライト配合の歯磨き粉の危険性は、口の中にゼオライト(研磨剤)が残り歯茎の炎症を引き起こす可能性があること

ゼオライトは「食品添加物」なので安全性が高い、といった表記もありますが、口の中に残ってしまう研磨剤の影響を考えると、使用する際には注意が必要になります。

ゼオライトは研磨剤として歯磨き粉に配合され、歯の表面の汚れを落としやすくする役割を担っています。

ゼオライト配合の歯磨き粉は人間用の製品もあるので「本当に危険なの?」と思われるかもしれません。

人間用の歯磨き粉でも、歯周ポケットやインプラント内に入り込んだ研磨剤(ゼオライト)が炎症の原因となっていると問題視されています。

ですので、うがいができない犬はゼオライト(研磨材)を洗い流ぜず、大部分が口の中に残ってしまいます。

成犬の約8割は歯周病予備軍といわれているので、口に残った研磨剤は人間よりも高い可能性で歯茎の炎症を引き起こし、歯周病がひどくなることも考えられます。

ゼオライトの歯石対策商品の危険性

犬の歯磨きに使う危険な理由として

  • ゼオライト配合の歯石対策商品はpH10以上もある強アルカリの液体が多い
  • 鉗子やスケーラーで歯の表面が傷ついてしまう

それぞれ解説していきます。

強アルカリ性の商品は刺激が強すぎる

pH値が10以上ですと、サンポールやキッチンハイターなどの洗剤に近いph値なのです。

強いアルカリ性の物質は、たんぱく質を溶かす性質があります。

たんぱく質を溶かすということは、口の中の粘膜を刺激し痛みを感じる場合もあります。

ゼオライトを使った歯磨き商品で痛みを感じたレビューもありますので、使用する際には気を付けてください。

どんなものかと自分の歯で試してみたところ、苦いし渋いしまずいなんてもんじゃない!そてしなにより口内がヒリヒリしてきて痛い!歯茎が皮がむけたようになりました。

amazonカスタマーレビュー

毎日歯ブラシでゴシゴシするのは、かなり痛いと思うので絶対にやめた方がいいです。

amazonカスタマーレビュー

評価の低いレビューをピックアップしましたが、「歯石が取れた」「歯の黄ばみが取れた」と良い評価をしている方もいます。

ワンコによってはゼオライトを使用している歯磨き商品が平気な子もいますので、歯磨き商品を選ぶ際の注意点として参考にしてください。

歯の表面を傷つける可能性が高い

ゼオライトを使った歯磨き商品では説明書きに「歯石を取り除くのに金属製のスケーラーや鉗子を使って削り取る」と書かれています。

スケーラーや鉗子などの金属製の器具を使って歯の表面から歯石を取り除く作業は、歯の表面に細かい傷をつける可能性があります。

確かに歯石は取り除けるかもしれませんがそれは一時的なもの。歯の表面の細かい傷には汚れが付着しやすくなり、黄ばみや歯石が今まで以上に付きやすくなります。

十分な経験や技術がない素人によるハンドスケーラーは、表面的な歯石しか取れないばかりか、歯の表面を傷だらけにして新たな歯石が付着しやすくなります。

OCEAN’S DOG DENTAL CLINIC

犬の歯石除去は動物病院で完全に取り除く施術が確実です。

ワンコの年齢や体調によっては麻酔などの心配もありますので、かかりつけの獣医師さんと相談してください。

ゼオライトを使った歯磨きで危険だと感じること

  • 研磨剤として使用している歯磨き粉は歯周病を悪化させる可能性がある
  • 強アルカリ性の商品は刺激が強く痛みを感じる場合もある
  • 歯石を削り取る際に歯の表面に傷がつく可能性が高い

上記の3つの点から、ゼオライトを使った歯磨きは個人的にはおすすめできません。

以下では、おすすめできる犬の歯磨き商品を紹介していきます。

おすすめできる犬の歯磨き商品

おすすめできる歯磨き商品として紹介したいのが、舐めるだけで歯磨き効果のある歯磨きジェル

おすすめできる理由として

  • 獣医師との共同開発で安全に使用できる成分で製造されている
  • 舐めるだけで簡単に歯のお手入れができる
  • 歯磨きが苦手なワンコでもデンタルケアできる
  • 歯磨きの練習もでき、歯磨きに慣れさせられるのが容易
  • 歯石予防・口臭予防ができる

歯磨きジェルには犬の好きな味や匂いがついているので、ジェルを歯ブラシに付ければ、今まで歯磨きをするのに大変だったワンコでも嫌がらずに舐めてくれます。

喜んで歯ブラシを噛むので、歯ブラシを口に入れることすら大変だった苦労があっという間に解決してくれます。

楽天やアマゾンで何種類か販売されている歯磨きジェルの中で、評判や口コミが良かった 「ドクターデンタルワン」「ワンデル」 2商品をピックアップしてみました。

あなたの愛犬におすすめはどっち?ドクターデンタルワン・ドクターワンデルを比較


◆ドクターデンタルワン

◆ドクターワンデル
通常価格7,687円7,980円
定期コース価格(初回)3,278円2,980円
定期コース価格(2回目〜)4,928円4,980円
6ヶ月使用した時の総額 27,918円27,880円
定期コースの解約条件なしなし
歯石防止リベチン含有卵黄粉末卵黄粉末グロビゲンPG
口内環境改善乳酸菌(ロイテリ菌・クリスパスタ乳酸菌)乳酸菌(クリスパスタ乳酸菌)
口臭予防成分カテキン・ナタマメ種子エキス・シソエキスシソエキス
特典未来の歯ブラシKANDEL(歯磨きガム)
返金保証有り(商品到着後20日以内)条件付きで返金保証あり※
選ぶポイント
  • 歯ブラシを使った歯磨きを習慣化したい

  • 隅々まで磨ける歯ブラシで口内ケアをしたい

  • 確実な歯石予防をしたい
  • ワンコとのスキンシップをたくさん取りたい

  • 歯ブラシを見るだけで逃げ出してしまうワンコ

  • 引っ張り遊びが大好き
  • こんなワンコにおすすめ! 歯ブラシに慣れさせたい、しっかり歯磨きしたい方はドクターデンタルワン歯ブラシが大嫌いなワンコには遊びながら歯磨きできるドクターワンデル
    詳細を見る詳細を見る
    定期コースの解約はいつでも可能。  ※返金保証の条件詳細

    公式サイトでは、歯磨きジェルを付けた歯ブラシやガムを噛んで、歯の汚れが落ちる様子を確認できます。

    詳しくはそれぞれの公式サイトでチェックしてみてください。

    まとめ

    ゼオライトを使った歯磨きは、歯茎の炎症を引き起こす可能性があり、強アルカリ性の商品では痛みを感じてしまうこともあります。

    さらに、歯石を削り取る作業では歯の表面を傷つけ、余計に黄ばみや歯石が付きやすくなってしまう危険性もあります。

    歯石予防や口臭軽減には毎日の歯ブラシが一番効果があります。

    毎日簡単に歯ブラシをするのにおすすめできるのが、 「ドクターデンタルワン」「ワンデル」 のような歯磨きジェル。

    歯磨き習慣がなかったワンコでも、毎日歯ブラシで歯磨きできるようになれば、お口の健康維持につながりなります。

    愛犬の健康のためにも、歯磨きの習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか。

    簡単に歯石予防ができる!

    歯磨きジェルの詳細を見てみる

    コメント