ワンラヴライフでは、アフィリエイトプログラムにより商品を紹介しています。

ワンラヴライフでは、商品・サービスの提供を受けることや、アフィリエイト広告を利用した商品紹介をしています。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

老犬のうんちまみれ対策5選!排泄トラブルを解決する方法を解説

老犬のうんちまみれ対策について5つご紹介します。

  1. 人間用のおむつの流用
  2. 排泄のタイミングを把握する
  3. トイレしやすい環境を整える
  4. ペットシートの使用
  5. お尻周りのトリミング

おむつやペットシートなど様々な対策を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、汚れてしまった時の便利な掃除グッツも紹介しています。老犬との暮らしをより快適にする参考にしてみてください。

  1. 老犬のうんちまみれ対策1:人間用のおむつの流用
    1. おむつの選び方と注意点
    2. おむつを付けるタイミングと頻度
    3. おむつを付けた際の注意点
  2. 老犬のうんちまみれ対策2:排泄のタイミングを把握する
    1. 定期的なトイレの時間設定
    2. 排泄のサインを知る方法
  3. 老犬のうんちまみれ対策3:トイレをしやすい環境を整える
    1. トイレスペースの確保と配置の工夫
    2. 障害物の撤去や照明の工夫による老犬の移動の容易化
  4. 老犬のうんちまみれ対策4:ペットシートを使用
    1. ペットシートの選び方と設置場所の選定
    2. ペットシートを使う上での注意点
  5. 老犬のうんちまみれ対策5:トリミング
    1. 犬のお尻周りのトリミング方法
    2. トリミングによる老犬の快適さと健康維持への効果
  6. 老犬のうんちまみれ対策:家庭でできる排泄ケア
    1. うんちまみれの部屋の掃除におすすめのアイテム
  7. 老犬がうんちまみれになってしまった時のQ&A
    1. Q:おむつを使用するとどのくらい効果があるのでしょうか?
    2. Q:犬が自力で排泄できない場合、介助する際の注意点はありますか?
    3. Q:うんちまみれになってしまった場合の対処法はありますか?
    4. Q:老犬が室内で排泄をするのは、年齢によるものなのでしょうか?
    5. Q:おむつを使っても、うまく対処できない場合はありますか?
    6. Q3:老犬の排泄問題について、獣医師に相談することは必要ですか?
  8. まとめ

老犬のうんちまみれ対策1:人間用のおむつの流用

決まった場所でうんちができない場合、おむつを使用することでうんちまみれになることを防ぐことができます。

そこでおすすめなのが人間用のおむつ。

理由は、ペット用おむつよりも安く耐久性が高く、吸収性も優れているため、おむつの交換頻度が少なくて済みます。

また、人間用のおむつは種類が豊富でサイズも調整しやすいので犬用のおむつよりもフィットしたおむつを選ぶことができます。

おむつの選び方と注意点

人間用おむつを選ぶときは、ウエストサイズや脚周りのサイズを測ってから購入しましょう。

一般的な人間の赤ちゃん用おむつのサイズ
新生児用:腰回りサイズ 32-38 cm
Sサイズ:腰回りサイズ 38-48 cm
Mサイズ:腰回りサイズ 44-54 cm
Lサイズ:腰回りサイズ 50-60 cm
LLサイズ:腰回りサイズ 58-70 cm
※紙おむつはパンツタイプよりテープタイプがおすすめ
お買い得な紙おむつ

また、吸収力が高いものや背中の漏れ防止機能があるおむつを選ぶことで、おむつの交換回数を減らすことができます。

ただし、人間用のおむつは犬の体形に合わせたものではないため、尻尾の穴が無いので尻尾の大きい犬には穴あけの加工が必要となります。

またサイズが合わないと、漏れることがありますので、おむつをつける際に、しっかりとフィットするように調整できるテープタイプを選ぶことをお勧めします。

ブル
ブル
  • 老犬のウエストサイズや脚周りのサイズを測ってから、おむつのサイズを選ぶ。
  • 吸収力が高いものや横漏れストッパーなどの機能があると漏れにくい
  • パンツタイプよりもテープタイプのおむつのほうが調整幅が大きく装着しやすい

おむつを付けるタイミングと頻度

  • おむつは排泄習慣に合わせて付ける
  • 頻繁に排泄する場合は、交換頻度を高くする
  • 就寝時や外出時には新しいおむつを付ける

おむつを付けるタイミングと頻度については、犬の排泄習慣を考慮して決めましょう。

例えば、排泄する頻度が多い時間帯は、おむつの交換頻度を高くする必要があります。また、就寝時や長時間の外出時には必ず新しいおむつを付けるようにすることでうんちまみれになることを防止できます。

おむつを付けるタイミングや頻度については、犬の体調や性格によって異なるため、状況に合わせて柔軟に対応する必要があります。

おむつを付けた際の注意点

おむつを付けた際の注意点としては、おむつが擦れて肌荒れを起こすことがあるため、定期的におむつを外して肌を休める時間を設けることが大切です。

また、おむつを付けたまま長時間放置しておくことは避け、適宜交換するようにしましょう。

おむつを外すことができないワンちゃんは、通気性の高いおむつを選ぶと肌荒れ防止になります。

老犬のうんちまみれ対策2:排泄のタイミングを把握する

老犬の排泄のタイミングを把握する方法について解説します。

排泄のサインに気を付け、定期的なトイレの時間設定や食事量の調整を行うことが重要です。

排泄トラブルを解決するために、老犬の健康維持にもつながります。

定期的なトイレの時間設定

老犬の排泄トラブルを解決するためには、定期的なトイレの時間設定が必要です。

まずは、犬の排泄サイクルを把握することが重要です。

犬の排泄サイクルは、食事の時間や量、運動量、犬の年齢や体調によって異なります。

そのため、犬の排泄サイクルを観察し、適切な時間帯を決定する必要があります。

また、定期的なトイレの時間設定に加えて、犬に排泄のサインを見つけることも重要です。

排泄のサインには、犬が興奮する、周りをウロウロする、特定の場所に行く、などがあります。

このサインを見逃さないように、犬と一緒に過ごす時間を増やし、観察力を養うことが必要です。

  • 犬の排泄サイクルを観察し、トイレの時間帯を決定する
  • 犬と一緒に過ごす時間を増やし、排泄のサインを見逃さないようにする
  • 朝、昼、夕方、就寝前の4回をトイレの時間帯として決定する

排泄のサインを知る方法

犬がトイレに行きたいと感じた時のサインとして、落ち着きがなくなり、部屋の中をウロウロしたり、興奮したりすることがあります。

また、壁やドア、家具などに近づいて、その周りをくるくる回ったりすることもあります。

犬が排泄のサインを示す行動を観察することで、適切なタイミングでトイレに誘導することができます。

他にも、散歩の時には犬が立ち止まって周りを見回したり、匂いを嗅いだりする行動がトイレに行くサインとなることがあります。

また、犬が興奮して遊んでいたり、寝起きの時にはトイレに行く傾向があります。

犬の排泄のサインには、個体差があります。そのため、飼い主は犬の癖や行動を観察し、排泄のサインを見逃さないようにしましょう。

ブル
ブル
  • 犬の排泄のサインを観察する習慣を身につける。
  • 犬の癖や行動を観察し、トイレに行くタイミングを把握する。

老犬のうんちまみれ対策3:トイレをしやすい環境を整える

老犬にとってトイレに行くのが困難になることがあります。

そこで、トイレスペースの確保や障害物の撤去、照明の工夫など、老犬の移動を容易にする工夫が必要です。

トイレスペースの確保と配置の工夫

老犬の排泄トラブルを解決するには、トイレスペースの確保と配置の工夫が必要となります。

まずは、犬がトイレをしやすい場所を選び、そのスペースを確保します。

例えば、リビングルームにある窓際や、犬がよくいる場所にトイレを置くと良いでしょう。

また、トイレ周りには障害物を取り除き、照明を工夫することで、老犬の移動を容易にします。

さらに、トイレの場所に応じた床材の選択も大切です。例えば、フローリングの場合は、汚れが拭きやすく、滑りにくいマットを敷くと良いでしょう。

ブル
ブル

・トイレスペースの確保と配置の工夫を行う

・障害物を取り除き、照明を工夫する

・床材を選択し、トイレが汚れにくく、滑りにくいようにする

障害物の撤去や照明の工夫による老犬の移動の容易化

足が悪く歩行に不安がある老犬の場合には、障害物の撤去や照明の工夫により、トイレに行きやすくなる環境を整えることができます。

例えば、老犬が歩きにくい場合は、トイレの場所に近い場所に寝床を置いて、移動距離を短くすることができます。

また、トイレの場所までの通路にある障害物を取り除いたり、明るい照明を設置することで、老犬が夜間でもトイレに行きやすい環境を作ることができます。

さらに、トイレの場所に移動する際に手すりを用意したり、滑りにくいマットを敷くことで、老犬が安全に移動できるようになります。

ブル
ブル
  • 障害物を撤去し、明るい照明を設置することで老犬がトイレに行きやすい環境を整えることができる。
  • 寝床をトイレの場所に近く置くことで、老犬の移動距離を短くすることができる。
  • 手すりや滑りにくいマットを用意することで、老犬が安全に移動できるようになる。

老犬のうんちまみれ対策4:ペットシートを使用

うんちまみれ対策の一つとしてペットシートの使用について解説します。

また、おむつが使えない場合の対処法や排泄のタイミングを把握する方法、犬がトイレをしやすい環境を整える方法、そしてトリミングによる老犬の快適さと健康維持への効果についても取り上げます。

ペットシートの選び方と設置場所の選定

ペットシートは、老犬が排泄トラブルを起こす場合に便利なアイテムですが、適切な選定と設置が重要となります。

サイズを選ぶ際は、老犬が自由に動けるスペースを確保することが大切です。

また、設置場所は、トイレと寝床から離れた静かで明るく、排泄トラブルを起こしやすい場所に置くことが望ましいです。

例えば、老犬が寝室で過ごしている場合は、トイレと寝床から離れた部屋の隅に設置するのが良いでしょう。

ペットシートを使う上での注意点は、汚れた場合は早めに交換することや、トイレトレーニングの一環として、おやつを与えることが挙げられます。

ブル
ブル
  • ペットシートのサイズは、老犬が自由に動けるスペースを確保することが大切
  • 設置場所は、トイレと寝床から離れた静かで明るい場所に置くことが望ましい
  • 汚れた場合は早めに交換することが重要
  • トイレトレーニングの一環として、おやつを与えることが有効

ペットシートを使う上での注意点

ペットシートの設置場所は、犬が普段からいる場所や、排泄をしやすい場所に設置することが重要です。

また、ペットシートを使う前には、犬にトイレの場所を教える必要があります。

トイレトレーニングを行う際には、トイレに行く前に犬をリードでつないで誘導する方法が有効です。

ペットシートは、定期的に交換することが大切です。

特に、汚れが目立つ場合や臭いが気になる場合には、すぐに交換するようにしましょう。

また、ペットシートの使用後には、必ず犬の排泄物を処理し、シートの周りを清潔に保ちましょう。

ペットシートを使っても、うんちまみれになることがあるかもしれません。

その場合はまず、うんちまみれになった部分を濡らしたペーパータオルなどで軽く拭き取ります。その後、中性洗剤を水に溶かし、汚れた部分を洗います。最後に、清潔な水でしっかりとすすぎ、乾かします。

ブル
ブル

・ペットシートの設置場所は犬が普段からいる場所や、排泄をしやすい場所に設置することが重要

・定期的に交換し、使用後には周りを清潔に保つ

・うんちまみれになった時には、軽く拭き取り、中性洗剤で洗い、しっかりすすいで乾かす

老犬のうんちまみれ対策5:トリミング

老犬が清潔な状態を保つためのトリミングの方法や毛並みの手入れ、排泄時のケア方法、シャンプーの必要性についても解説します。

老犬の快適さや健康維持のために、日々のケアが大切であることをお伝えします。

犬のお尻周りのトリミング方法

老犬の排泄トラブルで最も困るのはうんちまみれになってしまうことです。

この問題を解決する方法としてトリミングがあります。犬のお尻周りの毛を短く刈ることで、うんちまみれを防ぐことができます。

まず、トリミングの準備をします。必要なアイテムは、バリカン、はさみ、ブラシ、タオルです。バリカンを使って犬のお尻周りの毛を短く刈ります。

注意点としては、肛門周りは特に慎重に刈る必要があります。刈りすぎに注意して、犬に負担をかけないようにしましょう。

トリミング後には、ブラシで残った毛を取り除き、タオルで拭いて乾かします。犬がトリミングを嫌がる場合は、リラックスさせるために手をかけてあげましょう。

トリミングによる老犬の快適さと健康維持への効果

老犬のトリミングは、お尻周りの毛をカットすることで、うんちまみれを防止するだけでなく、肛門周りの清潔さを保つためにも必要です。

また、毛玉を取り除くことで皮膚の健康を維持する効果もあります。

さらに、老犬は動きが鈍くなり、自分でお尻を拭くことが難しくなるため、トリミングによって老犬の快適さを向上させることができます。

お尻のトリミング方法

【犬 お手入れ】お尻まわりの毛をカットする方法【犬のしつけ@横浜】by遠藤エマ先生

老犬のうんちまみれ対策:家庭でできる排泄ケア

うんちまみれの部屋の掃除におすすめのアイテムや排泄時のお尻の汚れを防ぐ方法、毛並みの手入れによる排泄のケアなど、実践的な対処法を解説します。

うんちまみれの部屋の掃除におすすめのアイテム

  • 除菌シートで汚れを拭き取る。
  • 消臭スプレーで臭いを抑える。
  • ペットシーツを敷いて床を汚さないように保護する。

老犬の排泄トラブルで一番困るのが、部屋の掃除。

まずは除菌シートが便利です。

排泄後に直ぐに拭き取れば、臭いや汚れをしっかり落としてくれます。

ペット用ですと値段が高いものが多いので、人間の介護用シートが身体も拭くことが出来ておススメです。

次に、排泄場所周辺に置くことができる、消臭スプレーがおすすめです。

ペット用の消臭スプレーを使用すると、臭いを抑えることができます。

ペット用の消臭スプレーは、臭いの元から消臭してくれるので部屋にこもりがちな臭いに効果的です→ペット用消臭スプレーを詳しく見てみる

床に敷くことができるペットシーツは、部屋の床を汚さず、簡単に取り換えることができます。

これらのアイテムをうまく活用して、部屋を清潔に保ちましょう。

老犬がうんちまみれになってしまった時のQ&A

Q:おむつを使用するとどのくらい効果があるのでしょうか?

おむつを使用することで、うんちまみれになることを防ぐことができます。ただし、おむつの選び方や交換方法に注意が必要であり、完全に解決するわけではありません。犬によってはおむつが苦手な場合もあるので、使用するかどうかは状況に応じて判断する必要があります。

Q:犬が自力で排泄できない場合、介助する際の注意点はありますか?

犬が自力で排泄できない場合、介助する際には犬の体調や体力に配慮する必要があります。力任せに持ち上げたり、抱きかかえたりすると犬に負担がかかるため、できるだけ優しく介助するようにしましょう。また、介助した後は、お尻を拭くなどのケアが必要です。

Q:うんちまみれになってしまった場合の対処法はありますか?

うんちまみれになってしまった場合は、まずは冷静になって対処することが大切です。手袋を着用して、汚れをタオルなどで取り除き、その後は犬の体を洗って清潔にすることが必要です。また、汚れた場所の掃除には、専用のクリーナーや消臭スプレーを使用すると効果的です。

Q:老犬が室内で排泄をするのは、年齢によるものなのでしょうか?

老犬が室内で排泄をする原因は、単に年齢だけではありません。加齢により、犬の筋肉や関節の弱りや、膀胱や肛門の機能の低下など、様々な身体的変化が起こるためです。また、心理的な原因としては、環境の変化やストレス、認知症などが考えられます。そのため、老犬が室内で排泄をする場合は、まず原因を探ることが大切です。

Q:おむつを使っても、うまく対処できない場合はありますか?

おむつは、老犬が室内で排泄をする場合の対策として有効な方法ですが、うまく対処できない場合もあります。例えば、おむつが合わないと老犬が不快に感じる場合や、おむつをつけていることが原因で、排泄のタイミングを見逃してしまう場合があります。また、おむつを付けることで、皮膚トラブルが起こることもあります。そのため、おむつを使う場合でも、うまく対処できない場合があることを覚えておきましょう。

Q3:老犬の排泄問題について、獣医師に相談することは必要ですか?

老犬の排泄問題は、放置すると深刻な問題になることがあります。また、排泄問題は単なる年齢的な変化だけでなく、病気や心理的な問題が原因であることもあります。そのため、獣医師に相談することは非常に重要です。獣医師が、老犬の健康状態を調べ、原因を特定し、適切な治療法や対策を提案してくれます。排泄問題に限らず、老犬の健康管理については、獣医師のアドバイスを参考にすることが大切です。

まとめ

老犬のうんちまみれ対策について、おむつやペットシート、トイレトレーニングなど、様々な方法を紹介しました。

排泄習慣をつけたり、トイレに行きやすい環境を整えたりすることで、うんちまみれになるリスクを減らすことができます。

また、うんちまみれになってしまった場合には、トリミングや毛並みの手入れを行うことで清潔な状態を維持することが重要です。

そして、排泄時のお尻の汚れを防ぐことや定期的なシャンプーも欠かせません。

老犬の排泄トラブルは飼い主さんにとっても大変なことですが、適切なケアをすることで、愛犬との生活を快適に過ごすことができます。

プロフィール
ワンラヴライフ管理人

犬とと20年以上暮らしてきた経験を活かし「幸せに愛犬と一緒に暮らす」ための情報や知識を発信しています。
過去の経験から、皮膚トラブル(涙やけ・よだれやけ)や口臭対策・老犬のお世話についての知識が豊富。
現在は後ろ足が麻痺したフレンチブルドックがパートナーです。

お役立ち情報
ワンラヴライフ

コメント