ワンラヴライフでは、アフィリエイトプログラムにより商品を紹介しています。

ワンラヴライフでは、商品・サービスの提供を受けることや、アフィリエイト広告を利用した商品紹介をしています。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

あなたの愛犬は大丈夫?犬が体を斜めにして歩く原因と予防法を紹介

あなたの愛犬が体を斜めにして歩いていたら、それはただのかわいいポーズではありません。

犬が体を斜めにして歩く理由は、体のバランスが崩れていることが一般的な原因で、病気や痛みが原因である場合もあります。

この記事では、犬が体を斜めにして歩く原因や病気やけがの可能性、そして自宅でできる対処法を解説していきます。

愛犬の健康を守るために、この記事を参考にしてみてください。

犬が体を斜めにして歩く理由・原因とは

犬が体を斜めにして歩く理由や原因として一般的に考えられるのは

  • 体のバランスが崩れている
  • 高齢になると筋肉や関節が弱くなり、体のバランスを保つのが難しくなるため斜めに歩くことも
  • 病気や怪我(中枢神経系、脳、神経筋疾患、関節疾患、外傷)

老犬の場合には、筋力低下や、骨格の歪み、関節の痛みなどが原因で斜めに歩く場合もあります。

犬が体を斜めにして歩く理由や原因は、病気やけがによるものである場合もあるため注意が必要です。

体のバランスが崩れている理由と原因

犬が体を斜めにして歩く最も一般的な原因は、体のバランスが崩れていること。

考えられる原因の一つとしてクラビング(足に痛みがある歩行)が考えられます。

クラビング:犬の足に痛みがあり、体重をかけたくないと思って歩行している。
痛みのある足の着地時間が短くなり、前足と後ろ足に衝突するのを避けるために身体を斜めにして歩くこと

痛みの兆候はこちらの動画を参考になさってください。

教えて獣医師さん!知らないと怖い日常に潜む犬の病気のサイン

対処法足に痛みがあると思われるときの対処法

犬が体を斜めにして歩くという現象は、年齢や体重、身体的状況によって異なります。

また、高齢犬や身体的に問題を抱えている犬も斜めに歩く傾向があります。

他にも犬が体を斜めにして歩く場合は、病気や怪我が原因の場合もあります。

例えば、脳卒中や脊椎疾患などが原因である場合がありますので、犬が体を斜めにして歩く時には、早めに獣医師に相談してみましょう。

ブル
ブル
  • 歩行の様子を観察し足に痛みがないか確認する
  • 犬が体を斜めにして歩く場合には、獣医師に相談することが大切
  • 犬の年齢や身体的状況に合わせた適切な運動を行うことで、バランスの調整をサポートできる

老犬が体を斜めにして歩く時は病気やけがが原因である場合が多い

老犬の場合は、年齢とともに骨や筋肉量の低下による怪我や神経系に問題が生じることが多いため、バランスを取るために斜めに歩くことが多くなります。

老犬に多い怪我や病気
外傷がある場合→骨折や脱臼、靭帯損傷
外傷がない場合→関節炎・腫瘍・椎間板ヘルニア

愛犬のケガを未然に防ぐには、毎日の運動のほかに筋肉を維持する食事や関節をサポートするサプリメントなどが有効です。

神経系の問題が原因である場合、麻痺や歩行不全など日常生活に支障がでて他の問題を引き起こすことがありますので、獣医師に相談し正しい治療法や改善策を見つけることが重要となります。

老犬の場合は椎間板ヘルニアのリスクがあるので、運動量を調整し、ペット用のスリップ防止マットや滑りにくい床ワックスなど、安全でフラットな場所で生活するように環境を整えることも重要です。参考ペット用フロアコーティング

ブル
ブル
  • 老犬が体を斜めにして歩く場合、病気やけがが原因であることが多い
  • 獣医師に相談し、正しい治療法を見つけることが重要
  • 関節をサポートする食事やサプリメントを検討してみる

犬が体を斜めにして歩く時に考えられる病気

犬が体を斜めにして歩く原因は病気やけがである場合があります。以下に、考えられる病気をいくつか紹介します。

  1. 内部疾患:脳腫瘍や脳出血、内耳炎などが原因となって犬が体を斜めにして歩くことがあります。これらの病気は、運動障害やバランスの問題を引き起こすことがあります。
  2. 神経疾患:犬の神経系に異常がある場合、犬が体を斜めにして歩くことがあります。例えば、脊髄症、脊椎症、脳炎などが挙げられます。
  3. 関節疾患:関節の問題が原因で、犬が体を斜めにして歩くことがあります。例えば、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全などが挙げられます。

これらの病気には、症状や進行の程度によって異なる治療法が必要です。適切な診断と治療を受けることが重要です。

獣医師に相談する重要性

犬が体を斜めにして歩く原因が病気やけがである場合、健康に問題を引き起こす可能性があるため、早めに対処することが必要です。

動物病院で診察を受け適切な診断を受けることで、正しい対処法を見つけることができます。

犬の健康維持には定期的な健康診断、適切な食事と運動、愛情とケアが必要です。

健康に問題を引き起こす可能性があるため、早めに対処することが必要

犬が体を斜めにして歩く場合は、病気やけがが原因であることがあるため、獣医師に相談することが重要です。

適切な診断を受け治療を行うことで、健康に問題を引き起こすリスクを軽減することができます。

適切な治療が行われない場合、健康に問題を引き起こすことがあるため早期発見と対処が必要です。

ブル
ブル
  • 犬が体を斜めにして歩く場合は、獣医師に相談することを優先する
  • 獣医師から適切な診断と治療を受ける
  • 定期的な健康診断を受け、犬の健康管理に取り組む

適切な診断を受けることで、正しい対処法を見つけることができる

まず優先すべきことは、病気やけがの原因を正確に把握すること。

獣医師は、病歴や検査結果、症状などから犬の健康状態を的確に判断することができます。

また、獣医師からは、その病気やけがに対して最適な治療法や、その後のケア方法についてアドバイスを受けることがで愛犬の健康を守ることができるのです。

獣医師に相談することは、犬の健康状態を的確に判断し、最適な治療法を提供するために非常に重要です。

犬が体を斜めにして歩く場合の対処法

病気やけがが原因である場合は、早めに獣医師に相談し適切な治療を受けることが重要です。

対処法としては

  • 犬が体を斜めにして歩く場合は、早めに獣医師に相談する
  • 犬の定期的な健康診断を受ける
  • 犬に適切な食事と運動を提供する
  • 犬に愛情とケアを提供する

自宅でできる対処法もありますが、まずは獣医師に相談することが賢明です。

健康に問題がある可能性がある場合には、定期的な健康診断の受診も重要となります。

病気やけがが原因である場合は、早めに獣医師に相談することが重要

病気やけがが原因である場合は、早めに獣医師に相談することが重要な理由は、斜めに歩く原因としては病気やけがも考えられるからです。

斜めに歩くことは、脳や神経に問題がある場合や関節炎、筋肉の問題、内部疾患などの病気が原因である場合があります。

これらの問題は放置しておくと、犬の健康に悪影響を与える可能性があるため、獣医師に相談しましょう。

また、適切な診断を受けることで、正しい対処法を見つけることができます。

ブル
ブル

犬が体を斜めにして歩く場合、病気やけがの可能性があるため、早めに獣医師に相談し、適切な診断を受けることが重要

獣医師の指示に従い、適切な治療を受けること

犬が体を斜めにして歩く原因は、病気やけがなど様々な要因が考えられるため、正しい診断が必要となります。

例えば、犬が脳の損傷によって斜めに歩く場合は、獣医師が適切な治療法を提供することで、犬の症状を改善することができます。また、獣医師が診断することで、犬が病気やけがである場合には、早期発見・治療ができ、犬の健康を維持することができます。

獣医師の指示に従うことで、犬の健康状態を正確に把握することができるので、適切な治療法を受け犬が体を斜めにして歩く原因を改善することができます。

自宅で出来る対処法

犬が体を斜めにして歩く原因が病気やけがではない場合、自宅でできる対処法があります。

  • 犬が体を斜めにして歩く時に、首輪やハーネスの調整をしてみましょう。首輪やハーネスが正しく調整されていない場合、犬が体を斜めにして歩くことがあります。適切に調整することで、犬の歩行姿勢を正常化することができます。
  • 犬の筋肉を鍛える運動を行うことで、斜めに歩く犬を改善することができます。例えば、犬の脚をリフトして歩かせる、障害物を使ったトレーニングを行うなどの方法があります。ただし、獣医師に相談してから行うようにしましょう。
  • 食事やサプリメントによる栄養補給も重要です。適切な栄養を与えることで、犬の体力や免疫力を高めることができます。具体的には、ビタミンやミネラルを含む食品、オメガ3脂肪酸が豊富な食品やサプリメントなどがおすすめです。

関節の健康ケア犬用サプリメント関節ケア成分配合のフード

犬が体を斜めにして歩く原因は様々ですが、病気やけがでない場合には自宅でできる対処法があります。適切な首輪やハーネスの調整や筋肉を鍛える運動、栄養補給などが効果的です。

まとめ

犬が体を斜めにして歩く原因や病気、そして対処法について解説しました。

犬が斜めに歩くときには、病気やけがの可能性があるため、早めに獣医師に相談することが重要です。適切な診断を受けて正しく対処できれば、歩行不能になるリスクや病気の進行を遅らせることができます。

獣医師に相談することが必要な場合もありますが、飼い主自身ができることとして、愛犬の健康を守る定期的な健康診断・適切な食事と運動が大切になります。

犬が体を斜めにして歩くことは飼い主にとって心配なことですが、普段の生活で飼い主が気を付けることで予防することができますので、愛犬をよく観察してみてください。

プロフィール
ワンラヴライフ管理人

犬とと20年以上暮らしてきた経験を活かし「幸せに愛犬と一緒に暮らす」ための情報や知識を発信しています。
過去の経験から、皮膚トラブル(涙やけ・よだれやけ)や口臭対策・老犬のお世話についての知識が豊富。
現在は後ろ足が麻痺したフレンチブルドックがパートナーです。

お役立ち情報
ワンラヴライフ

コメント