犬のオムツずれ防止に!100均のサスペンダーがコスパ最強!

オムツがずれて困る!
  • オムツだけだとずれてしまって部屋中汚れてしまう
  • 人間用のオムツを上手くはかせたいけどいい方法はないの?
  • きつくオムツをはかせると犬が嫌がる

オムツをしてみたけど「なかなかうまくいかない!」最初の頃は私も試行錯誤していました。

我が家では足が不自由でオムツ生活のフレンチブルドックがいます。

後ろ足が麻痺しているので下半身が細くなり、体型的にオムツが脱げやすくなっていたんです。

犬用のサスペンダーは楽天で売られていますが¥2,000ほどで結構高いんですよね。

それなら「100均の商品で揃えて使えるようにしよう!」とダイソーやセリアで探して作ってみました。

100均で揃う!オムツがずれない犬用サスペンダーについてまとめてみました。

コスパ非常に高いので参考にしてみて下さい!

100均で調達!オムツずれを防ぐ犬用サスペンダーを簡単に作ってみる

オムツのずれ防止にサスペンダーを上手く活用している方のブログを見て真似してみました。

ダイソーの店内を探し回って見つけたのが、サスペンダーとヘアバンド。

100均は品揃えがその時々によってバラバラですので、ネットで紹介されているものは品切れが多いですね。

ダイソーやセリアは商品サイクルが早いのでこまめにチェックしてみてください。

材料はダイソーで揃えて200円!

今回私が購入したのはサスペンダーとヘアバンド。2点で220円。

ヘアバンドはなで肩のフレブルですと、サスペンダーが横にずれてオムツを上手く固定できないので、横ずれ防止のために購入しました。

手作りの100均サスペンダーの付け心地

ネットでサスペンダーの付け方は見ていたのですが、実際に付けようとすると手こずりました。

我が家のフレブルは後ろ足が不自由で、しっかりと立つのが難しい。

立っていても不安定なので、オムツをはかせるのがなかなか難しいんです。

パンツタイプのオムツの方が簡単なのですが、胴回りの調整ができないので、テープタイプを使っています。

犬のオムツがずれる!そんな時にはヘアバンドがおすすめ!

ヘアバンドを首に巻き

オムツをはかせたら、最初に前からサスペンダーで留めます

首の後ろでへバンドの中にサスペンダーを通します

ヘアバンドを通したらクロスさせてお尻部分の2か所を留めて

できあがり

慣れれば1分ほどで完成。

オムツの締め具合は、指が2本ほど入る程度の強さでテープで留めてあげるのがポイント。

テープできっちりと締めてしまうと、身体が圧迫されてあまりよろしくないんです。

多少隙間が空いてても人間用のオムツの吸収力は優秀ですので、おしっこが漏れません。

適度に隙間が空いているのでオムツ蒸れも防げます。

100均のサスペンダーでは嫌がる?苦しい?

最初のころはオムツをするのもなんか嫌そうでしたが、最近は慣れてきたのか嫌がるそぶりはないです。

サスペンダーもしっかりと固定するよりは、少し余裕を持たせた方が、犬も圧迫感を感じにくいようです。

うちの子の場合、写真のように夜寝る時にセットすれば朝まで漏れずに過ごせています。

コスパ最強!人間用のオムツと合わせて使う

最初は犬用のオムツを使ってたのですが、人間用と比べると高いんですよね。

犬用のオムツですと24枚入りで1,500円。

1日に2~3枚は使うので1週間ほどで無くなってしまいます。

人間用のオムツですと、今使っているのがムーニー(テープタイプ)Mサイズ。

価格はamazonですと1,465円で78枚入り。

単価は犬用のオムツの半値以下なんです。

フレブルは尻尾も短く、しっぽ穴を空ける必要もないのでそのまま使っています。

人間用を代用するならムーニーのテープタイプがおすすめ

人間用のオムツを色々使ってみたけど、漏れないのがムーニー。

特にゆるうんちストッパーが優秀で、男の子だとおしっこが漏れにくくなってます。

ゆるうんちストッパーの部分をおちんちん側にして装着させてください。

吸収量も犬用と比べると倍ほど違うようです。

正確な数値は出ていませんが、人間用のオムツの吸収量はおおよそ800~1000cc位。

犬用のオムツは大容量でも600cほどとなっているようです。

体型的に人間用ですと少し合わないのですが、サスペンダーで固定してあげると、オムツずれを確実に防止できます。

我が家のフレンチブルドックにピッタリの人間用オムツサイズ

家のフレブルは体重7kg。腰回りが細いので人間用のLサイズだと少し大きいですね。

パンツタイプのMサイズですとおチンチンまでカバーするのに少し小さいし、装着させるのが難しい。

ですので胴回りで調整できるテープタイプのMサイズが一番しっくりきています。

まとめ

オムツ生活も1年ほどになり、最初のころと比べるとオムツが脱げて床がおしっこだらけ…ということは無くなりました。

サスペンダーをしていると、夜寝ている時でも、動いてオムツがずれることもほぼありません。

また、人間用のオムツは吸収力と通気性がいいので、オムツかぶれも今のところはありません。

こまめにベビーパウダーやワセリンも使って、なるべく清潔に保つようにしています。

たまにオムツの交換中、おしっこをして床を汚してしまいますが、そんな時はペット消臭剤・除菌剤「カンファペット」を使うと、完全に消臭できるのでおすすめです。

この記事が、老犬の介護や足が不自由でオムツ生活しているワンコの参考になれば嬉しいです。

あなたの愛犬がより快適に生活できるように、これからもワンラヴライフが、ワンコの話題をたっぷりお届けしていきます!

コメント