犬には味覚がないって本当なの?ワンコの食事を向上する方法を紹介!

犬に味覚がないというのは真っ赤な嘘です。

犬の味覚についての知識を得ると、愛犬の食生活の向上に繋がります!

ぜひ参考にしてみてください。

犬 味覚ない

犬と人間の味覚の差は、どれくらいあるのでしょうか。 ふじわら動物病院の院長である藤原光宏先生によれば、犬の舌にある味覚を感じる細胞は、人間の5分の1程度しかないそうです。 ただ、犬も旨味以外の、甘みや塩味、苦み、酸味などは感じているそうです。 中でも、甘味は犬にとって最も感じ取りやすい味だといいます。

犬 味覚障害

犬はごはんを丸呑みする子が多いため「味覚がない?」と思われがちですが、そんなことはありません。犬は味蕾(みらい)の数が人間より少ないため

犬 味覚 変わる

犬は「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」と、4つの異なる味を感じることができます。人間の場合は、最近はこれらに加えて「旨味」も感じるとされているので、同じものを食べても犬と人間では「旨味」の部分に関して感じ方が違うと言えます。

犬 味覚 甘み

犬が食欲ない場合は「甘味」を意識するのがおすすめ!これらは甘味を感じやすい食材のため、トッピングなどに利用することで食いつきを促す効果が期待できるのです。

食欲がないからと濃い味のものを与えるのではなく、まずは素材の甘さを追加し様子を見てください。

犬が美味しいと感じるもの

飼い主は食欲や食べる速さで愛犬が気に入ったかどうかを判断することが多いでしょう。 基本的に犬は毎日同じフードを食べることが多く、飽きてしまわない

犬 甘味

犬と人間の味覚の差は、どれくらいあるのでしょうか。 ふじわら動物病院の院長である藤原光宏先生によれば、犬の舌にある味覚を感じる細胞は、人間の5分の1程度しかないそうです。 ただ、犬も旨味以外の、甘みや塩味、苦み、酸味などは感じているそうです。 中でも、甘味は犬にとって最も感じ取りやすい味だといいます。

コメント