犬に食べさせるヨーグルトはブルガリアのプレーンがおすすめの理由

犬に食べさせるヨーグルトでおすすめしたいのがブルガリアヨーグルトのプレーン。

他のヨーグルトと比べてどんな点がおすすめなのか解説していきます。

ブルガリアヨーグルトが犬に与えるのにおすすめできること

ヨーグルトを犬に食べさせる効果とメリット

  • 腸内環境の改善による免疫力の向上
  • うんち全般の改善(下痢、便秘、軟便など)
  • 酵素による消化機能の改善
  • 口臭・虫歯・歯石の予防
  • カルシウムやビタミンの補給

色々な種類のヨーグルトの中で、ワンコに合ったヨーグルト。

「明治ブルガリアヨーグルト」は砂糖や香料などの添加物を一切加えないシンプルなヨーグルトですから、乳酸菌(ブルガリア菌とサーモフィラス菌)の比率や発酵温度、発酵時間等、発酵に関わる条件を厳密にコントロールすることによって、常に一定の品質を保っています。

明治ブルガリアヨーグルトヨーグルトの原材料は、基本的に乳原料と乳製品だけと、とてもシンプルです。砂糖や香料といった食品添加物を加えないからこそ、乳酸菌の種類や発酵の具合はヨーグルトの出来栄えに大きく影響を与えます。

明治ブルガリアヨーグルトには、ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株という、2種類の乳酸菌が含まれています。この2種類の乳酸菌は、ブルガリアで古来のヨーグルト作りに使われてきたものであり、定期的にブルガリアから取り寄せて使用しています。

ブルガリアヨーグルトには、LB81菌は腸内環境の改善に効果が期待できます。さらに、腸内バリア(悪いウィルスから守るための機能)の機能を高めるための抗菌ペプチドを増やしてくれるのです。

犬 ヨーグルトメーカー

腸内環境が整うことで排便回数の増加に期待できます。 明治 ブルガリアヨーグルト LB81 プレーン. よく見かけるヨーグルトですね。

犬にヨーグルトを与えても大丈夫なんですか? … 個人的におすすめなのは「明治ブルガリアヨーグルト」や「ナチュレ恵」のプレーンヨーグルトです。

犬 ヨーグルト 量

ブルガリアヨーグルト そのままおいしい脂肪0 — こちらは上記で紹介したブルガリアヨーグルトの脂肪0バージョンです。低カロリーで健康管理もしっかりできる 

犬 ヨーグルト 加糖

ブルガリアヨーグルト. フード、おやつの項目に入るか悩みましたが、 うちでは食事の1つなのでフード・おやつカテゴリにしてみました。 ヨーグルト

ヨーグルトには整腸作用があり、便秘や下痢を改善してくれることはよく知られていますが、にも効果があるといわれています。

犬 ヨーグルト 結石

ヨーグルトは犬の尿路結石(ストルバイト結石)の予防効果があるとのこと。 これはヨーグルトに含まれるカリウムが利尿作用を持つためで、たくさん水を飲んでたくさん排出することが、結石予防になるといわれています。 そのため、適量ヨーグルトを継続して食べることによって、結石を作りにくい体質を維持することができる

犬 ヨーグルト 毎日

ヨーグルトは基本的に牛乳からできているため、犬に与えて大丈夫なのかと心配されるかもしれません。 犬は牛乳に含まれる乳糖を分解できないので、下痢や消化不良を起こしてしまいます。 しかし、ヨーグルトは作られる発酵過程で乳糖が分解されるので、犬も安心して食べられるのです。

犬 ヨーグルト デメリット

牛乳の中に「乳糖」という成分が含まれているのですが、犬は乳糖を分解する能力が少なく、下痢などの症状を引き起こすことがあるため、基本的に犬にはNGとされています。

 腸内環境を整えたり、口臭や歯周病を予防したりと、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は犬にとっても良いことだらけ!与えるメリットと注意点を紹介します。

乳糖は減少しているだけで、すべて分解されているわけではありません。与えすぎに注意してください。

また、ヨーグルトは栄養素が豊富な食べ物です。食べ過ぎは肥満のもと、過剰摂取にならないように気を付けましょう。

老犬 ヨーグルト

腸内に善玉菌が増えることで腸内環境が整えられ、下痢・便秘といった症状の改善が期待できます。

ヨーグルトの成分で見逃してはいけないのは、カルシウム。ヨーグルトは「カルシウム」も豊富

犬 ヨーグルト R1

牛乳で下痢をする犬の場合、「乳糖不耐症」という牛乳に含まれている乳糖を分解できない体質であると言えます。

R-1乳酸菌は免疫力を高めるほかにも、便秘の改善や予防、ガンにかかりにくくなるなどの効果が期待できます。R-1ヨーグルトはテレビで紹介されたことも影響し、人気のヨーグルトです。

インフルエンザ予防やリウマチ予防などが期待されていることから、ペットだけではなく子どもから大人まで進んで取り入れたいヨーグルトです。

コメント